【伊勢丹】浅草今半・お中元・お歳暮

案内人【伊勢丹】浅草今半・お中元・お歳暮のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら5%から最大10% のポイント還元中!

<浅草今半> きゃらぶき

540 円(税込)

国産のフキを、ほろ苦い風味を残しながら甘辛に炊きました。お茶請けにもお勧めです。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> ほたて美味煮

540 円(税込)

ほたて本来の旨味を引き出し、うす味でふっくら柔らかく炊きあげました。冷やすとよりおいしく晩酌にもおすすめです。隠れた人気商品です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉ごぼう

540 円(税込)

すき焼のお土産として商品化された牛肉佃煮。ごはんにはもちろん、お酒にも良く合う味付。皆様でお楽しみ頂けます。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉たけのこ

540 円(税込)

サクサクとした食感が楽しい国産筍としっとりした牛肉そぼろを合わせました。鰹節の香りがより豊かな風味に仕上がっています。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉まいたけ

540 円(税込)

上品な風味と歯切れのよい食感が楽しめる舞茸と、牛肉そぼろを合わせました。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉一膳ふりかけ

540 円(税込)

すき焼きのお土産として商品化された牛肉佃煮。牛肉・粒こんにゃく・たけのこ・ごぼう・れんこんを甘辛い割下で炊きあげました。一回使い切りの小分けパックでいつでも新鮮な美味しさが愉しめます。便利な一品です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛すじしょうが煮

648 円(税込)

専門店の本格派の美味しさを、ご家庭でお手軽に何時でもお楽しみ頂けるレトルト食品です。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉しめじ

648 円(税込)

ぶなしめじの風味と食感を活かしつつしっとり炊き上げ牛肉そぼろと合わせました。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 笹巻こんぶしゃけ

648 円(税込)

鮭を肉厚の昆布で巻いてしっとり炊き上げ、香りの良い笹で包みました。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 笹巻こんぶたらこ

648 円(税込)

たらこを肉厚の昆布で巻いてしっとり炊き、香りの良い笹で包みました。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半>【店頭お受け取り商品】お手軽弁当

648 円(税込)

<浅草今半>の秘伝の割り下で煮上げた牛肉と玉子とじ、野菜を贅沢にご飯にのせました。

<浅草今半> ビーフカレー

756 円(税込)

専門店の本格派の美味しさを、ご家庭でお手軽に何時でもお楽しみ頂けるレトルト食品です。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> ビーフハヤシ

756 円(税込)

専門店の本格派の美味しさを、ご家庭でお手軽に何時でもお楽しみ頂けるレトルト食品です。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉しいたけ

756 円(税込)

野菜入り牛肉佃煮の第1号。椎茸の風味を活かし、少し甘目の優しい味にしあげました。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉すきやき

1,080 円(税込)

すき焼のお土産として商品化された牛肉佃煮。ごはんにはもちろん、お酒にも良く合う味付。皆様でお楽しみ頂けます。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。※画像は、イメージです。盛り皿などは、商品に含まれません。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉そぼろ

1,080 円(税込)

牛肉すきやきを食べ易く挽き肉状にご飯との相性は抜群です。お弁当にもお勧めです。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉そぼろやわらか煮

1,296 円(税込)

白ワインを隠し味に少し洋風のテイストに仕上げたので、パンや生野菜にも合わせオードブル風にも楽しめます。<ブランド説明>文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> あさくさの味N-15

1,620 円(税込)

すき焼のお土産として商品化された牛肉佃煮。ごはんにはもちろん、お酒にも良く合う味付。皆様でお楽しみ頂けます。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 牛肉やわらか煮

1,620 円(税込)

秘伝の割り下をベースに、隠し味に白ワインと白味噌を加えたちょっと洋風の佃煮。まろやかな味わいなので、すっきりとしたワインと合わせるのがおすすめです。〈浅草今半〉文化開花華やかな明治28年、当時ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として、国内のみならず世界各国の方々から賞賛されております。

<浅草今半> 黒毛和牛一膳すきやき

1,620 円(税込)

専門店の本格派の美味しさをご家庭でお手軽に何時でもお楽しみ頂けるレトルト食品です。電子レンジで温めて、簡単にお召し上がりいただけます。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。※写真はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。

<浅草今半> 東京国立博物館 限定ギフト牛肉佃煮詰合せ

1,620 円(税込)

こだわりの牛肉佃煮の中から、椎茸の風味が残る甘めの味わいの牛肉しいたけと、ささがきごぼうと甘辛牛肉そぼろの組合わせが絶妙な牛肉ごぼうの詰め合わせです。

<浅草今半>【店頭お受け取り商品】花見弁当

1,620 円(税込)

黒毛和牛を秘伝のわりしたで煮上げたすき焼きに、菜の花、筍など旬の野菜を添えた春らしいひと折です。【内容】桜ごはん、黒毛和牛すき焼、煮玉子、焼豆腐、糸こんにゃく、菜の花、たけのこ、ぶなしめじ ほか

<浅草今半>【店頭お受け取り商品】重ねすき焼弁当

1,944 円(税込)

牛肩ロース肉を惜しげもなく使った、すき焼専門店ならではのお弁当。創業当時から変わらない人気のお弁当です。

<浅草今半> 牛肉佃煮・静岡煎茶詰合せ

2,700 円(税込)

味わい深い老舗の佃煮と上質な煎茶の詰め合わせです。牛肉そぼろと舞茸、小切り牛肉と蓮根。2種の佃煮をまろやかな静岡煎茶とともに。

<浅草今半> 牛肉佃煮詰合せ

2,700 円(税込)

ご飯のお供にも酒肴にも合う、〈浅草今半〉の牛肉佃煮。明治28年(1895年)創業の〈浅草今半〉が、素材と製法にこだわって仕上げた牛肉佃煮の詰め合わせです。牛肉の風味を損なわずにすき焼風に炊きあげた佃煮は、ご飯のお供にも酒肴にもぴったりです。

【送料無料】<浅草今半> あさくさつぼ味

3,240 円(税込)

【送料無料】牛肉を知り尽くした老舗のお惣菜。牛肉佃煮の老舗〈浅草今半〉がつくりあげた上品な味のお惣菜。食卓を彩る粋な味わいです。

【送料無料】<浅草今半> 牛肉佃煮・静岡煎茶詰合せ

3,240 円(税込)

【送料無料】味わい深い老舗の佃煮と上質な煎茶の詰め合わせです。牛肉そぼろと舞茸、小切り牛肉と蓮根。2種の佃煮をまろやかな静岡煎茶とともに。

【送料無料】<浅草今半> 牛肉佃煮詰合せ

3,240 円(税込)

【送料無料】ご飯のお供にも酒肴にも合う、〈浅草今半〉の牛肉佃煮。明治28年(1895年)創業の〈浅草今半〉が、素材と製法にこだわって仕上げた牛肉佃煮の詰め合わせです。牛肉の風味を損なわずにすき焼風に炊きあげた佃煮は、ご飯のお供にも酒肴にもぴったりです。

【送料無料】<浅草今半> 讃岐うどん・牛肉佃煮詰合せ

3,240 円(税込)

【送料無料】伊勢丹のオンラインストアがおすすめする、送料無料のギフト好適品です。

<浅草今半> あさくさの味N-30

3,240 円(税込)

すき焼のお土産として商品化された牛肉佃煮。ごはんにはもちろん、お酒にも良く合う味付。皆様でお楽しみ頂けます。安心で安全な国産原材料のみ使用。密封後高温殺菌しますので、長期保存が可能です。<浅草今半>文化開花華やかな明治28年、当時、ハイカラな食材として注目されつつあった牛肉に着目した、高岡伴太郎氏が東京の下町、本所吾妻橋に牛鍋屋を開店。昭和3年に現在地に移転。一世紀余りの歴史を重ね、浅草今半のすき焼きは代表的な日本の味として国内のみならず、世界各国の方々から賞賛されております。