【伊勢丹】印伝矢部・お中元・お歳暮

案内人【伊勢丹】印伝矢部・お中元・お歳暮のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。

◆◇◆2019年先行新春福袋◆◇◆

毎年大人気で売切必至の新春福袋、今年も販売開始しました!

【伊勢丹】2019年先行新春福袋

【三越】2019年先行新春福袋

三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!

<印伝矢部> 印伝名刺入 市松文様 ベージュ 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

鹿革にインド更紗文様の型紙と漆を用いて模様をつける印伝は、巾着や煙草入れなどとして日本人の生活に根付き、長く愛用されてきました。古典的な吉祥文様のアイテムが多い中で、ベースは市松模様でありながらゆらぎのあるデザインは、取り出した時にどこかモダンな印象を与えてくれるでしょう。また、印伝のアイテムは年月を経ることで漆の深みが増し、より愛着もわくもの。末永くご愛用いただき、変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。 【東京手仕事】伝統工芸品に囲まれた潤いある豊かなライフスタイルを提案することにより、庶民の生活の中で生まれた「粋」という美意識を多くの方に知っていただき、東京の伝統工芸品産業の基盤を強化するためのプロジェクト。東京が誇る匠の繊細な手仕事の魅力を、国内はもとより世界に発信し、職人の手から手へと代々受け継がれてきた伝統の技を絶やすことなく、未来に引き継いでいく取組みです。

<印伝矢部> 印伝名刺入 市松文様 黒 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

鹿革にインド更紗文様の型紙と漆を用いて模様をつける印伝は、巾着や煙草入れなどとして日本人の生活に根付き、長く愛用されてきました。古典的な吉祥文様のアイテムが多い中で、ベースは市松模様でありながらゆらぎのあるデザインは、取り出した時にどこかモダンな印象を与えてくれるでしょう。また、印伝のアイテムは年月を経ることで漆の深みが増し、より愛着もわくもの。末永くご愛用いただき、変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。 【東京手仕事】伝統工芸品に囲まれた潤いある豊かなライフスタイルを提案することにより、庶民の生活の中で生まれた「粋」という美意識を多くの方に知っていただき、東京の伝統工芸品産業の基盤を強化するためのプロジェクト。東京が誇る匠の繊細な手仕事の魅力を、国内はもとより世界に発信し、職人の手から手へと代々受け継がれてきた伝統の技を絶やすことなく、未来に引き継いでいく取組みです。

<印伝矢部> 印伝名刺入 市松文様 赤 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

鹿革にインド更紗文様の型紙と漆を用いて模様をつける印伝は、巾着や煙草入れなどとして日本人の生活に根付き、長く愛用されてきました。古典的な吉祥文様のアイテムが多い中で、ベースは市松模様でありながらゆらぎのあるデザインは、取り出した時にどこかモダンな印象を与えてくれるでしょう。また、印伝のアイテムは年月を経ることで漆の深みが増し、より愛着もわくもの。末永くご愛用いただき、変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。 【東京手仕事】伝統工芸品に囲まれた潤いある豊かなライフスタイルを提案することにより、庶民の生活の中で生まれた「粋」という美意識を多くの方に知っていただき、東京の伝統工芸品産業の基盤を強化するためのプロジェクト。東京が誇る匠の繊細な手仕事の魅力を、国内はもとより世界に発信し、職人の手から手へと代々受け継がれてきた伝統の技を絶やすことなく、未来に引き継いでいく取組みです。

<印伝矢部> 印伝パッチワーク長財布 【三越・伊勢丹/公式】

23,220 円(税込)

印伝の代表的な柄が何種類もパッチワークで連なるシックな長財布です。紗綾形と呼ばれる卍の形を崩した吉祥文や「勝虫」ともされるトンボ柄など、縁起の良い柄が多用される印伝の財布はいかにも幸運が舞い込んできそう。黒く染めた鹿皮に黒やベージュの色漆で色づけしているため、落ち着いた印象で男女問わず使いやすいこともポイントの一つです。また、印伝のアイテムは年月を経ることで漆の深みが増し、より愛着もわくもの。末永くご愛用いただき、変化を楽しんでみては。 【東京手仕事】伝統工芸品に囲まれた潤いある豊かなライフスタイルを提案することにより、庶民の生活の中で生まれた「粋」という美意識を多くの方に知っていただき、東京の伝統工芸品産業の基盤を強化するためのプロジェクト。東京が誇る匠の繊細な手仕事の魅力を、国内はもとより世界に発信し、職人の手から手へと代々受け継がれてきた伝統の技を絶やすことなく、未来に引き継いでいく取組みです。