【伊勢丹】レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン・お中元・お歳暮

案内人【伊勢丹】レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン・お中元・お歳暮のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。
三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら5%から最大10% のポイント還元中!

<レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン> マコン・ウチジィ・レ・マランシュ

4,950 円(税込)

「ムルソーの巨人」と称され、コシュ・デュリと並ぶムルソーのスペシャリスト、ドメーヌ・デ・コント・ラフォン。1868年、ジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来、代々ラフォン家によって運営され、1987年には現当主、ドミニク・ラフォン氏が醸造責任者になりました。ドミニク氏は醸造テクニックに偏っていた古い手法を一新し、ブドウ栽培に重点をおいた新しいワイン造りへと改革。自ら畑を耕し、1995年からビオディナミを開始。1998年には全ての畑をビオディナミへ移行しました。そのような変革が実を結び、コント・ラフォンのワインは世界的に高い評価を受け、その名声と生産量の少なさによって、価格は年々高騰。現在も入手しづらい状況が続いています。そのような中、ドミニク氏は「より身近でより気軽に楽しめるワインを造りたい。」という想いのもと、1999年同じくブルゴーニュ地方のマコンの地にレ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンを設立。エリティエールとは、「後継者」という意味であり、世界最高峰の白ワインと称えられるコント・ラフォンのムルソーのスタイルをしっかりと受け継いだワインを目指しています。レ・マランシュは、マコンの北部に位置するウシジィ村の新しい畑。粘土質の土壌をもち、南向きの日当たりのよい場所に位置しています。それによりブドウは完全に熟し、熟度のある南国系フルーツにスモーク、ミネラルのニュアンスが絶妙に溶け合った味わいのワインが生まれます。コント・ラフォンらしい濃密ながら、きれいな酸によって締まった印象の上品な仕上がりが特徴的です。

<レ・ゼリティエ・デュ・コント・ラフォン> ヴィレ・クレッセ

5,280 円(税込)

「ムルソーの巨人」と称され、コシュ・デュリと並ぶムルソーのスペシャリスト、ドメーヌ・デ・コント・ラフォン。1868年、ジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来、代々ラフォン家によって運営され、1987年には現当主、ドミニク・ラフォン氏が醸造責任者になりました。ドミニク氏は醸造テクニックに偏っていた古い手法を一新し、ブドウ栽培に重点をおいた新しいワイン造りへと改革。自ら畑を耕し、1995年からビオディナミを開始。1998年には全ての畑をビオディナミへ移行しました。そのような変革が実を結び、コント・ラフォンのワインは世界的に高い評価を受け、その名声と生産量の少なさによって、価格は年々高騰。現在も入手しづらい状況が続いています。そのような中、ドミニク氏は「より身近でより気軽に楽しめるワインを造りたい。」という想いのもと、1999年同じくブルゴーニュ地方のマコンの地にレ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンを設立。エリティエールとは、「後継者」という意味であり、世界最高峰の白ワインと称えられるコント・ラフォンのムルソーのスタイルをしっかりと受け継いだワインを目指しています。こちらのヴィレ・クレッセは、ヴィレ村とクレッセ村の2つの村の連名により誕生した今、マコンの中で最も注目を浴びているアペラシオン。マコン市の北15キロメートルほどに位置するヴィレの村から数キロメートル南のクレッセまでを結ぶ、南北に連なる丘陵に位置しています。他のマコンのワインに比べ、構成のしっかりした濃密な果実味のワインが生まれることから、以前よりこの地域のワインは、