【伊勢丹】パティシエエスコヤマ・お中元・お歳暮

案内人【伊勢丹】パティシエ エス コヤマ・お中元・お歳暮のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。

◆◇◆2019年先行新春福袋◆◇◆

毎年大人気で売切必至の新春福袋、今年も販売開始しました!

【伊勢丹】2019年先行新春福袋

【三越】2019年先行新春福袋

三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!

<パティシエ エス コヤマ> SDC-148 プチバウム ダニエルズカカオバウム+フランボワーズ 【三越・伊勢丹/公式】

864 円(税込)

カカオの実本来の甘酸っぱさを呼び起こしたバウムエクアドルの農家からフェアトレードで仕入れたオーガニックカカオうを使用しているチョコレート(カカオ分 70%)をしっとりとした食感が持ち味の小山流バウムクーヘンに混ぜ込みました。オレンジやスミレの花を思わせるフローラルな芳香のエクアドル産カカオから生まれたクーベルチュール(カカオ分 70%)を、鮮やかな酸味の木苺ピューレがより一層引き立てます。カカオはもともと、フレッシュな甘酸っぱさが印象深い美味なフルーツ。そんなカカオ本来の華やかな風味を感じるクーベルチュールと、バウムのマリアージュをお楽しみください。【ブランド紹介】ショコラ界の頂点で輝き続けC.C.C.で2011年から2018年まで8年連続で最高位を獲得。外国人部門最優秀ショコラティエ賞も3度受賞。2013年には子供専用のパティスリー「未来製作所」を設立。表現者を育てたい!と後進の育成にも力を入れています。 ※数量に限りがある商品もございますので、品切れの節はご容赦ください。 ※都合により、商品の内容・素材・デザイン・価格・製造場所・原材料産地が変更となる場合がございます。 ※商品の特性上、ご注文後のキャンセル、お取替え、ご返金は承れません。 ※ご注文数と同じ数の各ブランドまたは、伊勢丹の手付き袋をお付けいたします。手付き袋はお選びいただけません。尚、包装の指定、リボン・のしなどの御用途はお選びいただけません。※他の商品とご注文の場合、配送形態、商品特性などにより同時にお届けできない場合がございます。 ※ご注文いただき次第入金させていただきます。

<パティシエ エス コヤマ> VD202 プチバウム ダニエルズカカオバウム+フランボワーズ 【三越・伊勢丹/公式】

864 円(税込)

エクアドルの農園からフェアトレードで仕入れたオーガニックカカオを使用しているチョコレート(カカオ分70%)を、しっとりとした食感が持ち味の小山流バウムクーヘンに混ぜ込みました。オレンジやスミレの花を思わせるフローラルな芳香のエクアドル産カカオから生まれたクーベルチュール(カカオ分70%)を、鮮やかな酸味の木苺ピューレがより一層引き立てています。カカオはもともと、フレッシュな甘酸っぱさが印象深い美味なフルーツ。そんなカカオ本来の華やかな風味を感じるクーベルチュールと、バウムとのマリアージュをお楽しみください。 ※写真はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。※数量に限りがある商品もございますので、品切れの節はご容赦ください。※都合により、商品の内容・素材・デザイン・価格・原料産地が変更となる場合がございます。※商品の特性上、ご注文後のキャンセル、お取替え、お届け日の変更、ご返金は承れません。※商品の原産国は箱詰め場所と異なる場合がございます。※各ブランドパッケージ包装となり、包装の指定、リボン・のしなどのご用途はお選びいただけません。※ご注文数と同じ数の各ブランドまたは、伊勢丹の手付き袋をお付けいたします。手付き袋はお選びいただけません。予めご了承ください。※お届け日は下記からお選びいただけます。(1)2019年2月11日(月・祝)(2)2019年2月12日(火)(3)2019年2月13日(水)(4)2019年2月14日(木)※商品選択後、お届け先設定・確認画面にてお届け日をご指定ください。※ご注文いただき次第入金させていただきます。

<パティシエ エス コヤマ> VD197 ドラジェ ヌーヴォー ストロベリー&ライム 【三越・伊勢丹/公式】

1,620 円(税込)

絶妙な火入れでキャラメリゼしたふくよかな味わいのピエモンテ産ヘーゼルナッツに、酸味豊かなライムのフリーズドライを混ぜ込んだミルクチョコレート(カカオ分35%)と、フレッシュな苺そのままの味わいの苺パウダーをホワイトチョコレート(カカオ分35%)に混ぜ込みコーティングしました。柑橘とベリーが酸味のグラデーションを生み出し、ミルクとホワイトチョコレートのミルキーな甘みと、ナッツのコクのある甘みが全体をまろやかに包み込みます。かわいらしいピンク色の見た目からは想像がつかない味の奥行きと華やかに広がるリアルな苺の香りと甘酸っぱさが魅力的な一粒をご堪能ください。 ※写真はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。※数量に限りがある商品もございますので、品切れの節はご容赦ください。※都合により、商品の内容・素材・デザイン・価格・原料産地が変更となる場合がございます。※商品の特性上、ご注文後のキャンセル、お取替え、お届け日の変更、ご返金は承れません。※商品の原産国は箱詰め場所と異なる場合がございます。※各ブランドパッケージ包装となり、包装の指定、リボン・のしなどのご用途はお選びいただけません。※ご注文数と同じ数の各ブランドまたは、伊勢丹の手付き袋をお付けいたします。手付き袋はお選びいただけません。予めご了承ください。※お届け日は下記からお選びいただけます。(1)2019年2月11日(月・祝)(2)2019年2月12日(火)(3)2019年2月13日(水)(4)2019年2月14日(木)※商品選択後、お届け先設定・確認画面にてお届け日をご指定ください。※ご注文いただき次第入金させ

<パティシエ エス コヤマ> VD201 TERRINE DE CHOCOLAT HEKKONDA テリーヌ ドゥ ショコラヘッコンダ 【三越・伊勢丹/公式】

1,674 円(税込)

まるで生チョコレートを口にしたようにねっとり濃厚。体温でゆるりと溶け、カカオ70%の芳醇なアロマが香り高く広がります。あたかも生チョコレートを口にしたようにねっちりと絡みつき、体温でゆるりと溶け、ほのかにビターでほんのり甘い、濃厚なカカオの香りが広がっていきます。その魅惑の食感の素になっているのは、南米原産のカカオ豆が持つ、豊かではっきりとした風味を持つカカオ分70%のショコラ・ノワール。長く口に残る酸味と立ち上がるアロマが、力強くもエレガントな苦みを醸し出します。そんなたぐい稀なる素材を卵で練り上げ、低温でじっくり焼き上げた重厚なるテリーヌ・ショコラ、それが「Hekkonda」です。 ※写真はイメージです。盛り皿などは商品に含まれません。※数量に限りがある商品もございますので、品切れの節はご容赦ください。※都合により、商品の内容・素材・デザイン・価格・原料産地が変更となる場合がございます。※商品の特性上、ご注文後のキャンセル、お取替え、お届け日の変更、ご返金は承れません。※商品の原産国は箱詰め場所と異なる場合がございます。※各ブランドパッケージ包装となり、包装の指定、リボン・のしなどのご用途はお選びいただけません。※ご注文数と同じ数の各ブランドまたは、伊勢丹の手付き袋をお付けいたします。手付き袋はお選びいただけません。予めご了承ください。※お届け日は下記からお選びいただけます。(1)2019年2月11日(月・祝)(2)2019年2月12日(火)(3)2019年2月13日(水)(4)2019年2月14日(木)※商品選択後、お届け先設定・確認画面にてお届け日をご指定ください

<パティシエ エス コヤマ> VD200 SUSUMU KOYAMA'S CHOCOLOGY 2018 【三越・伊勢丹/公式】

1,728 円(税込)

小山進氏の豊かな発想から生まれた、「野菊」「赤紫蘇」「カシスの新芽とロマネコンティ」「燻製唐辛子」の4粒アソート。「未だ見ぬ味覚や香り・・・・・・まだまだ世界中には"知りたくなるような楽しいこと"がいっぱいある」、今年はそういうことをテーマにして、特に"香り"に注目して表現したショコラを創った。 「香り」は強い風でも吹こうものなら一瞬で消えてしまう"儚いもの"。僕の好きな昆虫の中にも、"儚さ"の代名詞のような昆虫がいる。その昆虫は一生の大半を地中で過ごし、成虫になって地上に出てからは約1週間しか生きられないと言われている。しかし、ふと虫の気持ちになって考えてみる。成虫になって過ごす一週間が一番充実していると感じているのだろうか? もしかすると、その昆虫にとっては地中で過ごす時間のほうが特別だったのかもしれない。だがその答えは、昆虫本人しか知らない。 4つの作品を一つの交響曲に例えるなら、"主題"に当たる作品が「No.3 カシスの新芽&ロマネ・コンティ(フィーヌ・ド・ブルゴーニュ)」だ。カシスという植物が一番輝いているのは、果実が実り、熟して美味しくなったときだ、と言う人が多いだろう。昨年の10月に訪問したニュイサンジョルジュのカシス農園でその思い込みは大きく覆された。農園で「これ、指で潰して嗅いでみて」と言われて嗅いだのが「カシスの新芽」。その香りは、カシスの香り、若葉のような緑の香りの中にスパイシーさもあり、とても魅力的だった。実は、ここに来る前日にディナーで入ったレストランで、ある料理にコショウのような使われ方をしていたの