【三越】ZOA/ゾア・お中元・お歳暮

案内人【三越】ZOA/ゾア・お中元・お歳暮のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。

◆◇◆2019 Mother's Day Gift◆◇◆

三越・伊勢丹のオンラインストアでは、定番のお花やスイーツ、エプロンなどはもちろん、お母さんへの感謝の気持ちが伝わる百貨店ならではの心のこもったギフトを豊富にご紹介しています!

【伊勢丹】伊勢丹の母の日ギフト 2019

【三越】三越の母の日ギフト 2019

三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!

<ZOA/ゾア> 雲割山水文4.5寸皿 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

17世紀半ば頃のいわゆる初期伊万里と称される有田焼古陶磁の絵柄を現在の有田焼絵付職人が1つ1つ総手描きで描き上げたお皿です。【有田焼】佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器の総称です。17世紀初頭、泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれたのが、有田焼の始まりです。技術や道具の進歩により製法は徐々に変化してきましたが、成形、施釉、絵付、焼成などの各分野のスペシャリストたちが伝統の技法を継承しつつそれぞれの工程を担ってきたことで、有田焼は400年に渡り続いてきました。ZOAは、400年続く歴史の原点に立ち返ったモノづくりと、長い歴史の中で育まれ伝承された職人技に新しい加飾の技法をプラスした「粋」で「モダン」なモノ作りの、2つの視点から有田焼を提案しています。 関連商品「現代の有田焼」の商品はこちら伊勢丹 http://isetan. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08三越 http://mitsukoshi. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08

<ZOA/ゾア> 染付梅鳥文4.5寸皿 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

17世紀半ば頃のいわゆる初期伊万里と称される有田焼古陶磁の絵柄を現在の有田焼絵付職人が1つ1つ総手描きで描き上げたお皿です。【有田焼】佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器の総称です。17世紀初頭、泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれたのが、有田焼の始まりです。技術や道具の進歩により製法は徐々に変化してきましたが、成形、施釉、絵付、焼成などの各分野のスペシャリストたちが伝統の技法を継承しつつそれぞれの工程を担ってきたことで、有田焼は400年に渡り続いてきました。ZOAは、400年続く歴史の原点に立ち返ったモノづくりと、長い歴史の中で育まれ伝承された職人技に新しい加飾の技法をプラスした「粋」で「モダン」なモノ作りの、2つの視点から有田焼を提案しています。 関連商品「現代の有田焼」の商品はこちら伊勢丹 http://isetan. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08三越 http://mitsukoshi. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08

<ZOA/ゾア> 捻り間取花文4.5寸皿 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

17世紀半ば頃のいわゆる初期伊万里と称される有田焼古陶磁の絵柄を現在の有田焼絵付職人が1つ1つ総手描きで描き上げたお皿です。【有田焼】佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器の総称です。17世紀初頭、泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれたのが、有田焼の始まりです。技術や道具の進歩により製法は徐々に変化してきましたが、成形、施釉、絵付、焼成などの各分野のスペシャリストたちが伝統の技法を継承しつつそれぞれの工程を担ってきたことで、有田焼は400年に渡り続いてきました。ZOAは、400年続く歴史の原点に立ち返ったモノづくりと、長い歴史の中で育まれ伝承された職人技に新しい加飾の技法をプラスした「粋」で「モダン」なモノ作りの、2つの視点から有田焼を提案しています。 関連商品「現代の有田焼」の商品はこちら伊勢丹 http://isetan. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08三越 http://mitsukoshi. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08

<ZOA/ゾア> 芙蓉手文4.5寸皿 【三越・伊勢丹/公式】

5,400 円(税込)

17世紀半ば頃のいわゆる初期伊万里と称される有田焼古陶磁の絵柄を現在の有田焼絵付職人が1つ1つ総手描きで描き上げたお皿です。【有田焼】佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器の総称です。17世紀初頭、泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれたのが、有田焼の始まりです。技術や道具の進歩により製法は徐々に変化してきましたが、成形、施釉、絵付、焼成などの各分野のスペシャリストたちが伝統の技法を継承しつつそれぞれの工程を担ってきたことで、有田焼は400年に渡り続いてきました。ZOAは、400年続く歴史の原点に立ち返ったモノづくりと、長い歴史の中で育まれ伝承された職人技に新しい加飾の技法をプラスした「粋」で「モダン」なモノ作り、の2つの視点から有田焼を提案しています。 関連商品「現代の有田焼」の商品はこちら伊勢丹 http://isetan. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08三越 http://mitsukoshi. mistore. jp/onlinestore/spcl/1066156/list?fltrMarkCdList=20071_08