【三越】プレスタ・お中元・お歳暮

案内人【三越】プレスタ・お中元・お歳暮のご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。

◆◇◆2019年先行新春福袋◆◇◆

毎年大人気で売切必至の新春福袋、今年も販売開始しました!

【伊勢丹】2019年先行新春福袋

【三越】2019年先行新春福袋

三越・伊勢丹のお買い物を更にお得にするMIカードなら最大10% のポイント還元中!

<プレスタ> ユニオンジャックミニバー 【三越・伊勢丹/公式】

1,620 円(税込)

エリザベス女王陛下のダイヤモンドジュビリーを記念して作られた、これぞイギリス!なデザイン。ユニオンジャックで包んだ、ダークラズベリーとミルクアーモンドシーソルトのミニバー2種をアソート。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御用達の栄誉を授かりました

<プレスタ> ウェイファー アールグレイ 【三越・伊勢丹/公式】

2,862 円(税込)

英国首相も務めたグレイ伯爵に由来する紅茶が織り成すベルガモットの芳香は、プレスタのミルクチョコレートとマリアージュすることで落ち着きの中に少し華やいだ贅沢感を与えてくれます。ティータイムに最適のチョコレート。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御

<プレスタ> ウェイファー カカオリッチミルク 【三越・伊勢丹/公式】

2,862 円(税込)

ミルクチョコレートでありながら、力強いカカオの風味が感じられます。チョコレートはダーク派という方にも、きっと満足いただけるカカオ感たっぷりの新感覚な薄型ミルクチョコレートです。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御用達の栄誉を授かりました。同時期

<プレスタ> ウェイファー シーソルトキャラメル 【三越・伊勢丹/公式】

2,862 円(税込)

ミネラル分を損なわないよう蒸気釜で時間をかけて結晶化させたフレーク状の旨味のあるウェールズ地方の海塩を使用した深いコクのある塩キャラメルを口溶けの良い薄型チョコレートに練り込みました。ダークとミルク、2種類のチョコレートのアソートです。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛

<プレスタ> ウェイファー ダークミント 【三越・伊勢丹/公式】

2,862 円(税込)

英国王室でも古くから人気のあるフレーバーチョコレートがダークミント。ハイカカオのビター感とブリティッシュミントの爽快感が、アフターディナーの口直しにも好適です。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御用達の栄誉を授かりました。同時期に2つのロイヤル

<プレスタ> ウェイファー ピーチ&アッサム 【三越・伊勢丹/公式】

2,862 円(税込)

先ず箱を開けた途端に広がるフルーティーで華やかなピーチの薫りに魅了され、続きて口に入れて広がるアッサム紅茶の奥深いコク。エキゾチックなニュアンスを感じるプレスタの紅茶シリーズの最高傑作です。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御用達の栄誉を授かり

<プレスタ> ウェイファー レモン&ライムシーソルト 【三越・伊勢丹/公式】

2,862 円(税込)

ビターなレモンフレーバーをダークチョコレートに、フレッシュ感あふれる酸味豊かなライムパウダーをホワイトチョコレートに練り込んだ口溶けの良い薄型チョコレート2種のアソート。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御用達の栄誉を授かりました。同時期に2つの

<プレスタ> ピンクシャンパントリュフ 【三越・伊勢丹/公式】

3,402 円(税込)

故ダイアナも自ら足を運んだことで知られるプレスタ。そのお目当ては正にこのピンクシャンパントリュフと言われています。エレガントな淡いピンクに包まれたシャンパンガナッシュは、英国を代表する世界のトリュフチョコレート。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后か

<プレスタ> ロンドンジントニックトリュフ 【三越・伊勢丹/公式】

3,402 円(税込)

ロンドンドライジンと柑橘系の香りブレンドすることで、まるでドライマティーニとチョコレートをマリアージュさせたような味わいが口に広がります。 プレスタの歴史は1902年にフランス・シャンブリからロンドンにやって来たアントワン・デュフールによって始まります。この奇才のショコラティエが開いたチョコレートカフェとショップは、リフレッシュルームとして即座に成功を収めました。デュフール家はトリュフチョコレートを発明したことでも知られます。そして現在のオーナーであるニック・クリーンとビル・キーリング兄弟が、プレスタの高い品質と芸術性を受け継ぎながらモダンブリティッシュの新しい要素をチョコレート作りに取り入れています。プレスタのチョコレートはロンドンのロイヤルパークにある工場で生産からギフト包装までを手作業で行っており、まさにメイド・イン・ロンドン。プレスタの創造的なチョコレートは単にチョコレートとして美味しいだけではなく、高い芸術性を秘めています。その為プレスタショップは劇場のような内装になっており、そこで販売されるチョコレートはそれぞれが役者として高い芸術性と個性を表現しなければならないと考えます。プレスタのギフトボックスも同じく皆様に感動と喜びを与える劇場であり、チョコレートが食べた後も美味しさの余韻とチョコレートと過ごした思い出を永遠に守り続けることでしょう。このプレスタの哲学が英国王室にも高く評価され、英国女王エリザベス2世陛下、故エリザベス皇太后から御用達の栄誉を授かりました。同時期に2つのロイヤルワラントの栄誉を賜った