松翁軒(しょうおうけん)【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめ

案内人松翁軒(しょうおうけん)【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめのご紹介です。通常は商品説明にのアイコンが表示されていますが、「限定」「セール」「オリジナル」商品は マークが付いています。また商品は金額の低いものから順に並んでいます。複数ページがあるものはページ数が大きいほどより高額なプレミアム商品が並んでいますので、商品選びの参考になさってください。(アイコンは MI ONLINE | 伊勢丹| 三越)

<松翁軒(しょうおうけん)> カステラ0.6号(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,188 円(税込)

熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、卵割りから攪拌、面きり(ザラメを全体に行き渡らせ、気泡を一定にするために焼き途中に3度生地を混ぜ合わせること)を行い、一枚一枚を、丹念に、手間を惜しまない誠実な手仕事で焼き上げます。小麦粉は、ふんわり、もっちりとした焼き上がりのために、保水性に優れた特殊なカステラ専用粉を使用します。 島原半島の契約農家の卵は、美しい焼き上がりのために、新鮮さや味だけでなく、温度から黄身の色まで厳しく管理されています。 ザラメは長崎カステラを作る上で絶対に欠かせない原料です。純度のより高いザラメを加えることで、上白糖だけでは作ることが出来ない、長崎カステラの上品な甘味が生まれます。ザラメを敷くのではなく、「ザラメを使って焼き上げる」のが松翁軒のカステラ。底のザラメは、焼き上げる時に生地に溶け切れずに沈んだものなのです。 また、色良く甘味に濁りが無い、国内産の餅米飴を使用。水飴を加えることでしっとりと焼き上がり、生地の老化を防ぎます。伝来当時パンのようなものだったカステラは、水飴を加えるという長崎人の工夫で現在のようなしっとりとした長崎カステラになったのです。松翁軒の歴史は江戸の中期天和元年(1681)、長崎市の本大工町(現在の魚の町)に初代山口屋貞助が店を構え、カステラや砂糖漬けを製造したことに始まります。その後代々、菓子づくり一筋に精進を重ねて三百三十余年。文久年間(1861)飾菓子の名人として知られた七代目熊吉の時、国学者中島広足により現在の屋号と翁の商標を贈られました。明治には、パリやアメリカの博覧会などへカステラを出品し数々の賞を受賞しました。同じ頃、研究熱心な八代目貞次郎は当時珍重されていたチョコレトに心を魅かれ、先祖伝来のカステラにチョコレトの味を加えてみました。松翁軒では70年の時を経て、1968年苦心の末にこれを復活、「チョコラテ」として皆様にご愛顧をいただいております。松翁軒の歴史はそのまま長崎カステラの歴史でもあります。 今も変わらず受け継がれるのは、手焼きへのこだわり。熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、一枚一枚を、丹念に焼き上げる、手間を惜しまない誠実な手仕事が、きめ細かくしっとりとやわらかな口どけを生むのです。 お中元・お歳暮にいかがですか?

<松翁軒(しょうおうけん)> チョコラーテ0.6号(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,188 円(税込)

熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、卵割りから攪拌、面きり(ザラメを全体に行き渡らせ、気泡を一定にするために焼き途中に3度生地を混ぜ合わせること)を行い、一枚一枚を、丹念に、手間を惜しまない誠実な手仕事で焼き上げます。小麦粉は、ふんわり、もっちりとした焼き上がりのために、保水性に優れた特殊なカステラ専用粉を使用します。 島原半島の契約農家の卵は、美しい焼き上がりのために、新鮮さや味だけでなく、温度から黄身の色まで厳しく管理されています。 ザラメは長崎カステラを作る上で絶対に欠かせない原料です。純度のより高いザラメを加えることで、上白糖だけでは作ることが出来ない、長崎カステラの上品な甘味が生まれます。ザラメを敷くのではなく、「ザラメを使って焼き上げる」のが松翁軒のカステラ。底のザラメは、焼き上げる時に生地に溶け切れずに沈んだものなのです。 また、色良く甘味に濁りが無い、国内産の餅米飴を使用。水飴を加えることでしっとりと焼き上がり、生地の老化を防ぎます。伝来当時パンのようなものだったカステラは、水飴を加えるという長崎人の工夫で現在のようなしっとりとした長崎カステラになったのです。チョコラテは、八代目貞次郎が明治の頃に考案。カステラ生地に入れる特注チョコレトの原料カカオマスは、カカオパウダなどに比べ、生地との混ぜ合わせが大変難しいものです。また、チョコレトは油脂分が多いため、焼上げにも高度な技術と経験がいります。和のカステラと洋のチョコレトの出会い。どこかハイカラな明治の雰囲気を伝える、本物の美味しさが長い人気の秘密です。松翁軒の歴史は江戸の中期天和元年(1681)、長崎市の本大工町(現在の魚の町)に初代山口屋貞助が店を構え、カステラや砂糖漬けを製造したことに始まります。その後代々、菓子づくり一筋に精進を重ねて三百三十余年。文久年間(1861)飾菓子の名人として知られた七代目熊吉の時、国学者中島広足により現在の屋号と翁の商標を贈られました。明治には、パリやアメリカの博覧会などへカステラを出品し数々の賞を受賞しました。同じ頃、研究熱心な八代目貞次郎は当時珍重されていたチョコレトに心を魅かれ、先祖伝来のカステラにチョコレトの味を加えてみました。松翁軒では70年の時を経て、1968年苦心の末にこれを復活、「チョコラテ」として皆様にご愛顧をいただいております。松翁軒の歴史はそのまま長崎カステラの歴史でもあります。 今も変わらず受け継がれるのは、手焼きへのこだわり。熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、一枚一枚を、丹念に焼き上げる、手間を惜しまない誠実な手仕事が、きめ細かくしっとりとやわらかな口どけを生むのです。 お中元・お歳暮にいかがですか?

<松翁軒(しょうおうけん)> 詰合せ(0.3号3個入)(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

1,944 円(税込)

カステラは、熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、卵割りから攪拌、面きり(ザラメを全体に行き渡らせ、気泡を一定にするために焼き途中に3度生地を混ぜ合わせること)を行い、一枚一枚を、丹念に、手間を惜しまない誠実な手仕事で焼き上げます。小麦粉は、ふんわり、もっちりとした焼き上がりのために、保水性に優れた特殊なカステラ専用粉を使用します。 島原半島の契約農家の卵は、美しい焼き上がりのために、新鮮さや味だけでなく、温度から黄身の色まで厳しく管理されています。 ザラメは長崎カステラを作る上で絶対に欠かせない原料です。純度のより高いザラメを加えることで、上白糖だけでは作ることが出来ない、長崎カステラの上品な甘味が生まれます。ザラメを敷くのではなく、「ザラメを使って焼き上げる」のが松翁軒のカステラ。底のザラメは、焼き上げる時に生地に溶け切れずに沈んだものなのです。 また、色良く甘味に濁りが無い、国内産の餅米飴を使用。水飴を加えることでしっとりと焼き上がり、生地の老化を防ぎます。伝来当時パンのようなものだったカステラは、水飴を加えるという長崎人の工夫で現在のようなしっとりとした長崎カステラになったのです。 八代目貞次郎が明治の頃に考案したチョコレトの濃厚な風味のチョコラテは、原料のカカオマスと生地との調整が難しく焼き上げには技術と経験が必要です。抹茶カステラは、玉露、煎茶を独自にブレンドし、茶葉には熱を加えず石臼で丹念に挽いて抹茶本来の高い香りを引き出した碾茶を使用。碾茶を加えることで難しくなる焼き加減を、熟練の職人の手業でふっくらしっとりとした気品ある風味と色合い、碾茶の佳き薫りの上品な逸品に仕上げました。松翁軒の歴史は江戸の中期天和元年(1681)、長崎市の本大工町(現在の魚の町)に初代山口屋貞助が店を構え、カステラや砂糖漬けを製造したことに始まります。その後代々、菓子づくり一筋に精進を重ねて三百三十余年。文久年間(1861)飾菓子の名人として知られた七代目熊吉の時、国学者中島広足により現在の屋号と翁の商標を贈られました。明治には、パリやアメリカの博覧会などへカステラを出品し数々の賞を受賞しました。同じ頃、研究熱心な八代目貞次郎は当時珍重されていたチョコレトに心を魅かれ、先祖伝来のカステラにチョコレトの味を加えてみました。松翁軒では70年の時を経て、1968年苦心の末にこれを復活、「チョコラテ」として皆様にご愛顧をいただいております。松翁軒の歴史はそのまま長崎カステラの歴史でもあります。 今も変わらず受け継がれるのは、手焼きへのこだわり。熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、一枚一枚を、丹念に焼き上げる、手間を惜しまない誠実な手仕事が、きめ細かくしっとりとやわらかな口どけを生むのです。 お中元・お歳暮にいかがですか?

<松翁軒(しょうおうけん)> カステラ・チョコラーテ詰合せ(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

2,376 円(税込)

熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、卵割りから攪拌、面きり(ザラメを全体に行き渡らせ、気泡を一定にするために焼き途中に3度生地を混ぜ合わせること)を行い、一枚一枚を、丹念に、手間を惜しまない誠実な手仕事で焼き上げます。小麦粉は、ふんわり、もっちりとした焼き上がりのために、保水性に優れた特殊なカステラ専用粉を使用します。 島原半島の契約農家の卵は美しい焼き上がりのために、新鮮さや味だけでなく、温度から黄身の色まで厳しく管理されています。 ザラメは長崎カステラを作る上で絶対に欠かせない原料です。純度のより高いザラメを加えることで、上白糖だけでは作ることができない、長崎カステラの上品な甘味が生まれます。ザラメを敷くのではなく、「ザラメを使って焼き上げる」のが<松翁軒>のカステラ。底のザラメは、焼き上げる時に生地に溶け切れずに沈んだものなのです。 また、色良く甘味に濁りがない、国内産の餅米飴を使用。水飴を加えることでしっとりと焼き上がり、生地の老化を防ぎます。伝来当時はパンのようなものだったカステラは、水飴を加えるという長崎人の工夫で現在のようなしっとりとした長崎カステラになったのです。チョコラテは、八代目貞次郎が明治の頃に考案。カステラ生地に入れる特注チョコレトの原料カカオマスは、カカオパウダなどに比べ、生地との混ぜ合わせが大変難しいものです。また、チョコレトは油脂分が多いため、焼上げにも高度な技術と経験がいります。和のカステラと洋のチョコレトの出会い。どこかハイカラな明治の雰囲気を伝える、本物の美味しさが長い人気の秘密です。 お中元・お歳暮にいかがですか?

<松翁軒(しょうおうけん)> カステラ・抹茶カステラ詰合せ(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

2,376 円(税込)

カステラは、熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、卵割りから攪拌、面きり(ザラメを全体に行き渡らせ、気泡を一定にするために焼き途中に3度生地を混ぜ合わせること)を行い、一枚一枚を、丹念に、手間を惜しまない誠実な手仕事で焼き上げます。小麦粉は、ふんわり、もっちりとした焼き上がりのために、保水性に優れた特殊なカステラ専用粉を使用します。 島原半島の契約農家の卵は、美しい焼き上がりのために、新鮮さや味だけでなく、温度から黄身の色まで厳しく管理されています。 ザラメは長崎カステラを作る上で絶対に欠かせない原料です。純度のより高いザラメを加えることで、上白糖だけでは作ることが出来ない、長崎カステラの上品な甘味が生まれます。ザラメを敷くのではなく、「ザラメを使って焼き上げる」のが松翁軒のカステラ。底のザラメは、焼き上げる時に生地に溶け切れずに沈んだものなのです。 また、色良く甘味に濁りが無い、国内産の餅米飴を使用。水飴を加えることでしっとりと焼き上がり、生地の老化を防ぎます。伝来当時パンのようなものだったカステラは、水飴を加えるという長崎人の工夫で現在のようなしっとりとした長崎カステラになったのです。 抹茶カステラは、玉露、煎茶を独自にブレンドし、茶葉には熱を加えず石臼で丹念に挽いて抹茶本来の高い香りを引き出した碾茶を使用。碾茶を加えることで難しくなる焼き加減を、熟練の職人の手業でふっくらしっとりとした気品ある風味と色合い、碾茶の佳き薫りの上品な逸品に仕上げました。松翁軒の歴史は江戸の中期天和元年(1681)、長崎市の本大工町(現在の魚の町)に初代山口屋貞助が店を構え、カステラや砂糖漬けを製造したことに始まります。その後代々、菓子づくり一筋に精進を重ねて三百三十余年。文久年間(1861)飾菓子の名人として知られた七代目熊吉の時、国学者中島広足により現在の屋号と翁の商標を贈られました。明治には、パリやアメリカの博覧会などへカステラを出品し数々の賞を受賞しました。同じ頃、研究熱心な八代目貞次郎は当時珍重されていたチョコレトに心を魅かれ、先祖伝来のカステラにチョコレトの味を加えてみました。松翁軒では70年の時を経て、1968年苦心の末にこれを復活、「チョコラテ」として皆様にご愛顧をいただいております。松翁軒の歴史はそのまま長崎カステラの歴史でもあります。 今も変わらず受け継がれるのは、手焼きへのこだわり。熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、一枚一枚を、丹念に焼き上げる、手間を惜しまない誠実な手仕事が、きめ細かくしっとりとやわらかな口どけを生むのです。 お中元・お歳暮にいかがですか?

<松翁軒(しょうおうけん)> 五三焼カステラ(半棹2個入)(和菓子)【三越伊勢丹/公式】

3,186 円(税込)

カステラは、熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、卵割りから攪拌、面きり(ザラメを全体に行き渡らせ、気泡を一定にするために焼き途中に3度生地を混ぜ合わせること)を行い、一枚一枚を、丹念に、手間を惜しまない誠実な手仕事で焼き上げます。小麦粉は、ふんわり、もっちりとした焼き上がりのために、保水性に優れた特殊なカステラ専用粉を使用します。 島原半島の契約農家の卵は、美しい焼き上がりのために、新鮮さや味だけでなく、温度から黄身の色まで厳しく管理されています。 ザラメは長崎カステラを作る上で絶対に欠かせない原料です。純度のより高いザラメを加えることで、上白糖だけでは作ることが出来ない、長崎カステラの上品な甘味が生まれます。ザラメを敷くのではなく、「ザラメを使って焼き上げる」のが松翁軒のカステラ。底のザラメは、焼き上げる時に生地に溶け切れずに沈んだものなのです。 また、色良く甘味に濁りが無い、国内産の餅米飴を使用。水飴を加えることでしっとりと焼き上がり、生地の老化を防ぎます。伝来当時パンのようなものだったカステラは、水飴を加えるという長崎人の工夫で現在のようなしっとりとした長崎カステラになったのです。江戸時代、全ての味〔五味〕を凌駕する美味として「五味(ごみ)かすてら」と呼びならわされた上質のカステラが、明治期に「五三(ごさん)焼カステラ」と呼ばれるようになりました。それは卵黄を増やし、その分卵白を減らし、砂糖も増量して、生地のしっとり感をより濃くかもし出した、長崎カステラの秀作です。松翁軒の歴史は江戸の中期天和元年(1681)、長崎市の本大工町(現在の魚の町)に初代山口屋貞助が店を構え、カステラや砂糖漬けを製造したことに始まります。その後代々、菓子づくり一筋に精進を重ねて三百三十余年。文久年間(1861)飾菓子の名人として知られた七代目熊吉の時、国学者中島広足により現在の屋号と翁の商標を贈られました。明治には、パリやアメリカの博覧会などへカステラを出品し数々の賞を受賞しました。同じ頃、研究熱心な八代目貞次郎は当時珍重されていたチョコレトに心を魅かれ、先祖伝来のカステラにチョコレトの味を加えてみました。松翁軒では70年の時を経て、1968年苦心の末にこれを復活、「チョコラテ」として皆様にご愛顧をいただいております。松翁軒の歴史はそのまま長崎カステラの歴史でもあります。 今も変わらず受け継がれるのは、手焼きへのこだわり。熟練の職人がひとり一つの窯を受け持ち、一枚一枚を、丹念に焼き上げる、手間を惜しまない誠実な手仕事が、きめ細かくしっとりとやわらかな口どけを生むのです。 お中元・お歳暮にいかがですか?

注目のお歳暮

【お歳暮】【送料無料】<アサヒ> アサヒビール冬限定トリプルセット【三越伊勢丹/公式】

【お歳暮】【送料無料】<アサヒ> アサヒビール冬限定トリプルセット【三越伊勢丹/公式】
【送料無料】国産原料100%の上質な飲みごたえ。ギフト限定のスパドライ。国産原料100%にこだわり、ギフトのためだけに特別に醸造された「ジャパンスペシャル」。芳醇な香りと贅沢な余韻が特長のお歳暮ギフト限定「ジャパンスペシャル香り芳醇」。ギフトでしか味わえない格別な美味しさを、大切な方へお届けします。
アサヒ【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめ

【お歳暮】<シベール> マロンブランデーケーキ (洋菓子)【三越伊勢丹/公式】

【お歳暮】<シベール> マロンブランデーケーキ (洋菓子)【三越伊勢丹/公式】
大人香る、やさしい甘み。マロンソスを練り込んで焼きあげた生地にブランデリキュルを染み込ませて、渋皮栗の甘露煮、マロンクリム、チョコレトクランチをトッピング。きめ細かく、しっとりとした食感は〈シベル〉ならでは。
シベール【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめ

【お歳暮】<魚勢> 越乃寒梅酒粕・西京味噌ブレンド漬魚詰合せ 【三越伊勢丹/公式】

【お歳暮】<魚勢> 越乃寒梅酒粕・西京味噌ブレンド漬魚詰合せ 【三越伊勢丹/公式】
銘酒の酒粕と伝統の白味噌に漬け込んで。新潟県〈石本酒造〉による銘酒「越乃寒梅」の酒粕と、京都府〈石野味噌〉の白味噌をブレンドして味噌床にするというアイデアから誕生した漬魚。風味のよい酒粕と白味噌の甘さが染みています。
魚勢【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめ

【お歳暮】【送料無料】<鎌倉ハム富岡商会> 東京国立博物館 限定ギフト檜図屏風(ひのきずびょうぶ) 熟成布包みロースハム(国産豚肉使用)【三越伊勢丹/公式】

【お歳暮】【送料無料】<鎌倉ハム富岡商会> 東京国立博物館 限定ギフト檜図屏風(ひのきずびょうぶ) 熟成布包みロースハム(国産豚肉使用)【三越伊勢丹/公式】
【送料無料】国産豚ロスをスパイス入り調味液に7日間以上漬け込み、熟成後に布で包んでスモク。深みを増した格別な味わいを特製化粧箱でお届けします。
鎌倉ハム富岡商会【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめ

【お歳暮】<フィーカ> 冬のスイーツアソート (洋菓子)【三越伊勢丹/公式】

【お歳暮】<フィーカ> 冬のスイーツアソート (洋菓子)【三越伊勢丹/公式】
キュトなおいしさが詰まった宝箱。北欧テキスタイルのかわいい箱を開けると、中にはおいしいクッキがいっぱい。ほろほろ食感の「ハッロングロットル」、ザクザク食感の「ドロンマル」のほか、幸せを運ぶ馬「ダラナホス」をかたどったクッキも。また、中の小箱はケイト・メイソン氏によるデザイン。届いた瞬間から、冬を楽しく盛りあげてくれるギフトです。
フィーカ【三越伊勢丹】|お中元・お歳暮におすすめ