お中元を贈る際の注意点


お中元を贈る際にはいくつか注意点があります。

  1. 生ものは相手の予定を確認しましょう
    季節の果物など生ものを送る際は、確実に相手が受け取れる時期に送るようにしましょう。事前に電話等で確認できない間柄など事情がある場合は、生ものは避けた方がよいでしょう。

  2. 喪中の相手に対して送る場合
    お中元は日頃の感謝の気持ちを伝えるために贈るものなので、相手の喪中に関係なく送ることができます。ただし故人がなくなってから間もないなど、贈りものを受け取る気持ちの準備ができていない場合は時期をずらすなどの配慮が好ましいと思います。

  3. 前年のお中元を参考にしましょう
    前年も同様にお中元を贈っている場合は、極端に金額や内容の差が出ないようにしましょう。極端に商品に差がついてしまった場合は相手に要らぬ心配をさせてしまう恐れがあります。経済的な事情などに特殊な事情がある場合には気持ちを一筆添えるなどの配慮があるとよいでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。